遺伝と環境の心理学

安藤寿康 著

人間の行動や心の働きに、遺伝と環境がどのように関わっているかを科学的な見地から解説した人間行動遺伝学の入門書。メンデル遺伝学、双生児法の基礎、遺伝子のしくみ等の基礎事項から、知能、パーソナリティ、不適応行動、社会行動などの行動遺伝学研究の最前線の話題までを平易に解説する。さらに、エピジェネティクスなどの分子遺伝学の最新の話題についても言及し、付録には、実際の双生児データの解析法も紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 行動遺伝学とは何か-メンデル遺伝学から量的遺伝学へ
  • 2章 双生児法の基礎-量的遺伝学の人間行動への適用
  • 3章 遺伝と環境のからみあいを読み解く-構造方程式モデリングを用いた単変量遺伝分析と多変量遺伝分析
  • 4章 遺伝子のしくみ-その伝達・発現・進化
  • 5章 行動遺伝学の三原則-すべての心のはたらきは遺伝的である
  • 6章 認知能力と学力-行動遺伝学研究のスタンダード
  • 7章 パーソナリティ-個人差の非認知的側面
  • 8章 不適応行動-正常vs異常を超えて
  • 9章 社会行動-行動遺伝学の展開
  • 10章 行動遺伝学の倫理-より望ましい社会のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝と環境の心理学
著作者等 安藤 寿康
書名ヨミ イデン ト カンキョウ ノ シンリガク : ニンゲン コウドウ イデンガク ニュウモン
書名別名 人間行動遺伝学入門
シリーズ名 心理学の世界 専門編18
出版元 培風館
刊行年月 2014.7
ページ数 319p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-563-05897-5
NCID BB15988685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22440802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想