承認をめぐる闘争

アクセル・ホネット [著] ; 山本啓, 直江清隆 訳

現在の批判理論において「承認」論の重要性を決定的に位置づけた画期的な書物。第一版の刊行後に寄せられた反響に著者が応えた増補「承認の根拠-批判的な反問にたいする応答」を収録し、いま新たな理論的展開を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史的な想起-ヘーゲルの本来の理念(自己保存をめぐる闘争-近代の社会哲学の基礎づけ
  • 犯罪と人倫-ヘーゲルの間主観性論の新たなアプローチ
  • 承認をめぐる闘争-ヘーゲルのイェーナ実在哲学の社会理論)
  • 第2部 体系の現在化-社会的承認関係の構造(承認と社会化-ミードによるヘーゲルの理念の自然主義的な転換
  • 間主観的な承認のモデル-愛、法(権利)、連帯
  • 人格の同一性と尊重欠如-暴力的抑圧、権利の剥奪、尊厳の剥奪)
  • 第3部 社会哲学的な展望-道徳と社会的発展(社会哲学的な伝統の軌跡-マルクス、ソレル、サルトル
  • 尊重欠如と抵抗-社会的コンフリクトの道徳的論理
  • 人格的統合の間主観的条件-人倫の形式的構想)
  • 承認の根拠-批判的な反問にたいする応答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 承認をめぐる闘争
著作者等 Honneth, Axel
山本 啓
直江 清隆
ホネット アクセル
書名ヨミ ショウニン オ メグル トウソウ : シャカイテキ コンフリクト ノ ドウトクテキ ブンポウ
書名別名 KAMPF UM ANERKENNUNG

社会的コンフリクトの道徳的文法

Shonin o meguru toso
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 1010
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2014.7
版表示 増補版
ページ数 302,44p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-01010-1
NCID BB1598463X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22467455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想