震災メメントモリ

金菱清 著

"メメントモリ"=死を忘れるなかれ!彷徨える魂を救い出し、遺族の将来を再建するために。『3.11慟哭の記録』を世に送り出した著者渾身の復興論。死者を忘却し、海と人の歴史を断ち切る巨大防潮堤を進め、故郷を捨てさせる復興政策。それとは正反対の"死者に寄り添う"復興のあり方を被災地に立って問いかける。写真集「3.11以後を生きる震災誌」、津波で父を亡くした女性の慟哭の手記を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 彷徨える魂のゆくえをめぐって-災害死を再定位する"過剰な"コミュニティ
  • 第2章 「生きなおす」ための祭礼-拠って立つ居場所を具現化する祭礼の意義
  • 第3章 内なるショック・ドクトリン-第二の津波に抗する生活戦略
  • 第4章 千年災禍のコントロール-原発と津波をめぐる漁山村の論理
  • 第5章 「海との交渉権」を断ち切る防潮堤-千年災禍と日常を両属させるウミの思想
  • 第6章 震災メメントモリ-痛みを温存する「記録筆記法」と死者をむすぶ回路

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震災メメントモリ
著作者等 金菱 清
書名ヨミ シンサイ メメント モリ : ダイニ ノ ツナミ ニ コウシテ
書名別名 第二の津波に抗して
出版元 新曜社
刊行年月 2014.6
ページ数 240p 図版14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1389-1
NCID BB15980865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22434812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想