今度こそわかるマクスウェル方程式

岸野正剛 著

物理的イメージが頭に描ける!初学者がつまずくところを熟知した著者による、丁寧な解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 マクスウェル方程式はなぜ難しく感じられるか?-難解に感じられる理由と直観的なくだけた説明
  • 第1章 近接作用の発想、そして電磁場と変位電流-ファラデーとマクスウェルの深い考察
  • 第2章 マクスウェル方程式の4個の式の物理的内容-電磁気学の基本的な法則
  • 第3章 微分型表示の特徴と積分型から微分型への変換
  • 第4章 体系的な式としてのマクスウェル方程式
  • 終章 マクスウェル方程式の4個の式の物理的内容-本書のまとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今度こそわかるマクスウェル方程式
著作者等 岸野 正剛
書名ヨミ コンド コソ ワカル マクスウェル ホウテイシキ
シリーズ名 今度こそわかるシリーズ
出版元 講談社
刊行年月 2014.6
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-156604-0
NCID BB15903015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22433803
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想