材料革命ナノアーキテクトニクス

有賀克彦 著

ナノメートル、すなわち原子・分子の大きさになると、物質のふるまいが日常世界とは一変する。その性質を利用して、ナノ構造どうしが連携しあって機能する新材料を「構築」する。これが、ナノ建築学=ナノアーキテクトニクスだ。原子スイッチから貼る制癌剤まで、ナノテクノロジーの次にくる近未来の科学技術を見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナノ技術からナノ建築学へ
  • 汚れない窓ガラス-ナノシート
  • トイレを除菌-メソポーラス物質
  • 紙ではない紙-電子ペーパー
  • 新しい電池の時代-ナノイオニクス
  • 脳型コンピュータへの道-原子スイッチ
  • 分子に情報を書き込む-ナノレベルの電子回路
  • 世界で一番薄い集積回路を目指す
  • 夢のエネルギー技術-人工光合成
  • 医療革命へ
  • ナノアーキテクトニクスが描く未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 材料革命ナノアーキテクトニクス
著作者等 有賀 克彦
書名ヨミ ザイリョウ カクメイ ナノアーキテクトニクス
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 227
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 109p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029627-4
NCID BB15894796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22441692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想