『ボヴァリー夫人』論

蓮實重彦 著

フローベールの最初の長編小説を徹底的に読み抜くことによって、その「テクスト的な現実」に露呈するさまざまな問題を縦横に論じる。歳月をこえた書き下ろし2000枚、遂に完成!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 散文と歴史
  • 2 懇願と報酬
  • 3 署名と交通
  • 4 小説と物語
  • 5 華奢と頑丈
  • 6 塵埃と頭髪
  • 7 類似と齟齬
  • 8 虚構と表象
  • 9 言葉と数字
  • 10 運動と物質

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『ボヴァリー夫人』論
著作者等 蓮実 重彦
蓮實 重彦
書名ヨミ ボヴァリー フジンロン
書名別名 Madame Bovary de Gustave Flaubert

Bovari fujinron
シリーズ名 ボヴァリー夫人
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.6
ページ数 804,30,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-480-83813-1
NCID BB15886958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22447856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想