評伝吉村昭

笹沢信 著

自ら「現地主義」と称し、歴史家には埋めることのできない空白部分を物語にしていった稀代の作家の生涯を熱く検証する、『ひさし伝』『藤沢周平伝』に続く、渾身の遺作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 郷里の日暮里と戦争体験
  • 長い同人雑誌の遍歴
  • 活路を拓いた記録文学
  • 証言で追う戦史の真相
  • 戦史小説から歴史小説へ
  • 短篇小説が生きがい
  • 漂流記録は独自の海洋文学
  • 歴史の真実を見据える
  • 知られざる歴史を発掘
  • 幕末から明治を駈ける
  • 長篇歴史小説の総決算へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 評伝吉村昭
著作者等 笹沢 信
書名ヨミ ヒョウデン ヨシムラ アキラ
書名別名 Hyoden yoshimura akira
出版元 白水社
刊行年月 2014.7
ページ数 417,12p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08373-4
NCID BB15880281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22429262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想