世界遺産にされて富士山は泣いている

野口健 著

美しい「日本の象徴」でいま起こっていることは、日本社会が抱える問題そのものだ!複雑に絡まり合う利害関係をどう解きほぐし、国家の宝を後世の人々へと受け継ぐべきか。日本を代表するアルピニストが語った「ほんとうに質のよい観光」とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 富士山のゴミ問題は解決したのか
  • 第2章 「日本の象徴」の背後でうごめく人間の陰
  • 第3章 不自然すぎる「文化遺産」への鞍替え
  • 第4章 それでも「世界遺産ありき」で人々は動いた
  • 第5章 熊野古道、小笠原諸島の成功に学べ
  • 第6章 「入山規制」と「入山料」を真剣に考える
  • 第7章 究極の切り札は「富士山登山鉄道」
  • 終章 日本の宝物を次代に受け継ぐために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界遺産にされて富士山は泣いている
著作者等 野口 健
書名ヨミ セカイ イサン ニ サレテ フジサン ワ ナイテ イル
書名別名 Sekai isan ni sarete fujisan wa naite iru
シリーズ名 PHP新書 934
出版元 PHP研究所
刊行年月 2014.6
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-82004-0
NCID BB15866815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22434443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想