NASA

佐藤靖 著

米ソ冷戦下の1958年、宇宙開発の総合的推進機関として設立されたNASA(米国航空宇宙局)。強力な研究開発センターをいくつも擁し、宇宙への"最前線組織"として、アポロ、スペースシャトル、国際宇宙ステーション、惑星探査などの計画を進めた。だが予算削減、事故、国際情勢の変化により、その目的は変更を余儀なくされていく。本書は、時代の波に翻弄されながらも宇宙開発に挑んできた巨大技術組織の軌跡を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 巨大技術組織の横顔-NASAの鳥瞰図
  • 第1章 NASAの誕生-米国の新たな挑戦
  • 第2章 アポロ計画-超大国の意志と創造力の結晶
  • 第3章 スペースシャトル-成熟期NASAの基幹システム
  • 第4章 国際宇宙ステーション-変容する国際政治の象徴
  • 第5章 無人探査と宇宙科学-人類の知識領域の拡大
  • 終章 時代のなかのNASA-現代科学技術の潮流

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NASA
著作者等 佐藤 靖
書名ヨミ ナサ : ウチュウ カイハツ ノ ロクジュウネン
書名別名 宇宙開発の60年

Nasa
シリーズ名 中公新書 2271
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.6
ページ数 282p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102271-4
NCID BB15865346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想