屋根の日本建築

今里隆 著

「ずっとこだわってつくってきた…」60余年の建築家人生を振り返り日本建築の美の神髄に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本建築のこころを映す屋根
  • 第1章 歴史を踏まえ、未来をデザインする-池上本門寺・大客殿(一九七八年)と御廟所(一九七九年)
  • 第2章 もてなしと日本料理の迎賓館-金田中(一九七八年)
  • 第3章 力強さを象徴する方形の大屋根-国技館(一九八四年)
  • 第4章 施主の豊かな生活をイメージする力-松尾敏男邸(一九八五年)
  • 第5章 機能と建築美の調和-ヴィンセントゴルフクラブ仙台(一九九三年)
  • 第6章 制約を見せ場に変える-平山郁夫美術館(一九九七年)
  • 第7章 防災を備えた壮麗な伽藍-醍醐寺・霊宝館と伝法学院(二〇〇〇年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 屋根の日本建築
著作者等 今里 隆
書名ヨミ ヤネ ノ ニッポン ケンチク
出版元 NHK
刊行年月 2014.5
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-14-081638-7
NCID BB15864740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想