環境分析化学

中村栄子, 酒井忠雄, 本水昌二, 手嶋紀雄 共著

本書では、第1章に河川・湖沼・海水の環境基準値と排水の基準値、及びこれらの各項目に対して国が定めた測定法(公定法)の概略を述べた。第2章では、分析操作を考える上で必要な様々な化学平衡を、第3章では、機器分析の一般的な原理を、第4章では、水試料の採取と保存を述べた。また、それ以降の章では、第1章や第3章などで一般的に記述した測定法の代表的なものについて、測定法の原理、測定操作、操作時の注意事項、実際の試料での測定結果などを述べて、実際の環境分析に適用できるような記述の工夫をした。また、新規の発色反応を用いる方法や新しい考えの自動分析法も紹介するようにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境分析のための公定法
  • 化学平衡の原理
  • 機器測定法の原理
  • 水試料採取と保存
  • 酸・塩基反応を利用する環境分析
  • 沈殿反応を利用する環境分析
  • 酸化還元反応を利用する環境分析
  • 錯生成反応を利用する環境分析
  • 分配平衡を利用する環境分析
  • 電気伝導度測定法による水質推定
  • 吸光光度法を用いる環境分析
  • 蛍光光度法による環境分析
  • 原子吸光光度法による環境分析
  • 高周波誘導結合プラズマ(ICP)-質量分析法(MS)
  • 高速液体クロマトグラフ法による環境分析
  • イオンクロマトグラフ法(IC)による環境分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境分析化学
著作者等 中村 栄子
手嶋 紀雄
本水 昌二
酒井 忠雄
書名ヨミ カンキョウ ブンセキ カガク
書名別名 Kankyo bunseki kagaku
出版元 裳華房
刊行年月 2014.5
ページ数 211p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7853-3098-9
NCID BB15842271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22424175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想