図書館長論の試み

内野安彦 著

『だから図書館めぐりはやめられない』『図書館はラビリンス』の著者が「図書館長の仕事」に焦点を絞り全国の関係者へ向けて真摯に発信する実践的提言集!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 図書館長の仕事-運営の実際(図書館の組織-モチベーションを生む組織に
  • 人事管理-人事管理こそ図書館長最大の業務
  • 内部統制-ますます広がる守備範囲
  • 人材育成-率先垂範の実践者として
  • ボランティア-活動を評価し「育てる」仕組みを ほか)
  • 2部 図書館長経験者に聞く-実践と矜持-
  • 3部 図書館長の資質と責務-公的資料や成書にみる人物像-(図書館長の任務(法律・報告等から)
  • 図書館長として求められるもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館長論の試み
著作者等 内野 安彦
書名ヨミ トショカンチョウロン ノ ココロミ : ジッセン カラ ノ ジョセツ
書名別名 実践からの序説
出版元 樹村房
刊行年月 2014.5
ページ数 222,4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88367-235-6
NCID BB15836869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想