第一次世界大戦と日本

井上寿一 著

「世界の一等国」の仲間入り、大衆消費文化、バブル崩壊とその後の長期経済停滞、格差と貧困、女性の社会進出…「現代日本」はここから始まった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 外交(サラエボの銃声
  • 欧州大戦略史 ほか)
  • 2章 軍事(日本海軍、地中海へ
  • 白色人種対有色人種 ほか)
  • 3章 政治(憲政会
  • 政友会 ほか)
  • 4章 経済(成金の登場
  • 株成金 ほか)
  • 5章 社会(農村の貧困
  • 救済事業 ほか)
  • 6章 文化(江戸っ子のフランス兵
  • アルザスの重要性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第一次世界大戦と日本
著作者等 井上 寿一
書名ヨミ ダイイチジ セカイ タイセン ト ニホン
書名別名 Daichiji sekai taisen to nihon
シリーズ名 講談社現代新書 2266
出版元 講談社
刊行年月 2014.6
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288266-8
NCID BB15833587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22429727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想