納得の老後

村上紀美子 著

団塊世代の多くが七五歳以上になる、二〇二五年。高齢でもひとりで、自宅で医療や介護を利用しながら暮らしたいという思いがあるとき、私たちに用意はあるのだろうか。欧州各国の在宅ケアの現場を訪問した著者は未来にいかせる知恵を探り、また日本各地で新たな医療や介護の実践にも出合う。納得のいく老後を迎えるための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ひとり暮らしを支える-ドイツ(家族やご近所とのつきあい
  • よろず相談所 ほか)
  • 第2章 暮らしを自分でコントロール-オランダ(ビュートゾルフ、新しいビジネスモデル
  • 厳冬の訪問看護に同行 ほか)
  • 第3章 本人の意思をいかす行政サービス-デンマーク(行政サービスを適切に提供
  • 本人ができないところをサポート ほか)
  • 第4章 プライマリケアの土台の上に-英国(全科診療をおこなう家庭医
  • 地域保健センター ほか)
  • 第5章 近未来の柔軟な在宅ケアを探して-日本(支えられる人から支えあう人へ-那須塩原市の「街中サロンなじみ庵」
  • 高齢者の多い団地のよろず相談所-新宿区の「暮らしの保健室」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 納得の老後
著作者等 村上 紀美子
書名ヨミ ナットク ノ ロウゴ : ニチオウ ザイタク ケア タンボウ
書名別名 日欧在宅ケア探訪

Nattoku no rogo
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1489
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 209,12p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431489-9
NCID BB15831639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22441405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想