デカルト『方法序説』を読む

谷川多佳子 著

ヨーロッパ近代に思想的な新たな地平を切り開いたデカルト。『方法序説』のテキストに即しながら、このあまりにも有名な著作が今日までどのように読まれてきたのか、また現代思想とどのようにかかわるのかを講じる。『方法序説』の思索のプロセスとその背景を追究し、デカルト思想の全体像を平明に読み解いてゆく入門書の決定版。図版多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 デカルトの生涯と『方法序説』
  • 第2章 『方法序説』の読まれ方、魅力
  • 第3章 書物の学問を捨てて、旅に出る…
  • 第4章 学問の方法と生き方のモラル-炉部屋の思索
  • 第5章 コギト、二元論、自然
  • 第6章 『方法序説』と現代哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルト『方法序説』を読む
著作者等 谷川 多佳子
書名ヨミ デカルト ホウホウ ジョセツ オ ヨム
書名別名 Dekaruto hoho josetsu o yomu
シリーズ名 学術 313
方法叙説 313
岩波現代文庫 313
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 187p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600313-5
NCID BB15831537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22435828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想