移植医療

橳島次郎, 出河雅彦 著

日本の移植医療は、脳死論議ばかりが注目される一方で、本来あるべき包括的法整備がなされず、当事者の保護が行き届かない面があった。現実にどんな問題が起こったか、海外ではどうか、多くの人がより少ない負担で医療を受けられるために考えるべきことは何か。再生医療の展望にもふれた、研究者とジャーナリストがタッグを組んだ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 臓器移植の限界-脳死論議の陰に隠された問題を追う
  • 第1章 臓器提供者はどうして脳死になったか-死因究明と情報公開
  • 第2章 安楽死ドナーは受け入れられるか-心停止後臓器提供の新展開
  • 第3章 生体移植への依存-日本の臓器移植の最大の歪み
  • 第4章 人体組織の移植-知られざる実態と課題
  • 第5章 実験か医療か-病気腎移植にみる先端医療管理の問題点
  • 終章 限界をどう超えるか-再生医療の現状と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移植医療
著作者等 出河 雅彦
橳島 次郎
〓島 次郎
書名ヨミ イショク イリョウ
書名別名 Ishoku iryo
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1488
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431488-2
NCID BB15831311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22438281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想