「自由の国」の報道統制

水野剛也 著

日米開戦後、アメリカの日本語新聞は激減した。言論・報道の「自由の国」で何が起こったのか。日系人収容施設で発行された新聞の実態に迫り、日系人ジャーナリズムへの報道統制から、戦時民主主義下の「自由」を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第二次大戦下の日系アメリカ人と報道統制-プロローグ
  • アメリカへわたった日本人と排斥運動(アメリカへわたった日本人
  • 激しい差別と日本人移民の途絶)
  • アメリカの日本語新聞(日系人ジャーナリズムの誕生と発展
  • 日米開戦前夜の日本語新聞)
  • 日米開戦と強制立ち退き(日米開戦の衝撃と直後の報道統制
  • 日本語新聞の利用と「自己規制」
  • 政府と日本語新聞の不均衡な相互依存関係
  • 政府内の意見対立とその結末
  • 立ち退きによる最終的な発行停止)
  • キャンプへの収容(二種類の収容施設(キャンプ)
  • 集合所の管理当局
  • 集合所における報道規制
  • 転住所の管理当局
  • 転住所における報道統制)
  • 「自由の国」の報道統制-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「自由の国」の報道統制
著作者等 水野 剛也
書名ヨミ ジユウ ノ クニ ノ ホウドウ トウセイ : タイセンカ ノ ニッケイ ジャーナリズム
書名別名 大戦下の日系ジャーナリズム
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 381
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.7
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05781-3
NCID BB15829590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22433944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想