戦後責任

内海愛子, 大沼保昭, 田中宏, 加藤陽子 著

二一世紀の日本がアジアの人々とともに生きていくためには、今なお清算されない戦争と植民地支配の責任に向き合わなければならない。六〇年代以降、アジアの被害当事者たちの声に応えて「戦後責任」=日本社会の不正義の問題に、市民として学者として取り組んできたパイオニア三人と気鋭の現代史家が、日本の未来をかけて語り合う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ、いま、戦後責任を語るのか
  • 第1章 戦争裁判と戦争責任
  • 第2章 一九五二年体制-閉ざされた日本
  • 第3章 人権の内実化とアジアからのまなざし
  • 第4章 サハリン残留朝鮮人の帰還
  • 第5章 責任主体としての市民の創造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後責任
著作者等 内海 愛子
加藤 陽子
大沼 保昭
田中 宏
書名ヨミ センゴ セキニン : アジア ノ マナザシ ニ コタエテ
書名別名 アジアのまなざしに応えて

Sengo sekinin
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.6
ページ数 247,5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-025854-8
NCID BB15818663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22440572
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想