宗教都市と前衛都市

五木寛之 著

五木寛之が日本史の深層に潜むテーマを探訪するシリーズ「隠された日本」の第3弾。現在、大阪城が建てられている場所には、かつて蓮如が建立した石山本願寺があった。大阪の底に流れる信仰心の側面を探る第一部。また、国際色豊かなエネルギーを取り込み、時々の権力者としたたかに付き合ってきた京都に前衛都市の姿を見る第二弾。現代にも息づく西の都の歴史に触れる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 見えざる日本人の宗教心(大阪は宗教都市である
  • 寺内町という信仰の共和国
  • 現代に息づく「同朋意識」と信仰心)
  • 第2部 日本のなかの"異国"を歩く(京都は前衛都市である
  • 磨きぬかれた「市民意識」
  • 伝統と革新のせめぎあいの中で)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教都市と前衛都市
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ シュウキョウ トシ ト ゼンエイ トシ
シリーズ名 隠された日本 大阪・京都
ちくま文庫 大阪・京都
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.6
ページ数 267p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43173-8
NCID BB15787399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想