韓国家族

平田由紀江, 小島優生 編

急激なグローバル化という熱い鉄板の上で、激しく踊る韓国家族。超学歴社会と母の役割、早期留学と家族の別居、オルタナティブ・スクール、少年少女家長制度…家族と教育から見る韓国の現在。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 「社会的再生産」の危機と韓国家族の多層化
  • 2章 「未婚母」という選択-支援、生きづらさ、そして自立への意思
  • 3章 韓国の教育福祉政策の展開-田園学校プロジェクトに焦点を当てて
  • 4章 少年少女家長世帯で育つ子どもたち-制度・暮らし・教育達成の観点から
  • 5章 延辺中韓離散家族-朝鮮族の子どもたち
  • 6章 国際移動から韓国の家族を問う-ディアスポラとしての韓国人ニューカマー女性
  • 7章 グローバリゼーションと韓国中間層家族戦略のジレンマ
  • 8章 韓国の教育熱と家族のかたち-早期留学の問題を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国家族
著作者等 小島 優生
平田 由紀江
書名ヨミ カンコク カゾク : グローバルカ ト デントウ ブンカ ノ セメギアイ ノ ナカ デ
書名別名 グローバル化と「伝統文化」のせめぎあいの中で

Kankoku kazoku
出版元 亜紀書房
刊行年月 2014.6
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7505-1409-3
NCID BB15779583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22425829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想