記号創発ロボティクス

谷口忠大 著

人間は成長する過程で言語コミュニケーション能力、運動能力を獲得していく。同様のプロセスをロボットに行わせることが現実化している。コンピュータ、視覚・聴覚・触覚センサとモータを持ったロボットは人間に接近していく。人工知能・ロボット研究者の仕事は、「知能を創ること」でもある。記号創発ロボティクスは、工学と哲学を架橋する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ロボットが心を持つとき
  • 第2章 自ら概念を獲得するロボット
  • 第3章 自ら言葉を学ぶ知能
  • 第4章 潜んでいる二重分節構造
  • 第5章 ロボットは共感して対話する
  • 第6章 構成論的アプローチ
  • 第7章 記号創発システム論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記号創発ロボティクス
著作者等 谷口 忠大
書名ヨミ キゴウ ソウハツ ロボティクス : チノウ ノ メカニズム ニュウモン
書名別名 知能のメカニズム入門
シリーズ名 講談社選書メチエ 577
出版元 講談社
刊行年月 2014.6
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258580-4
NCID BB15752452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22430997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想