教会領長崎

安野眞幸 著

天正八年(一五八〇)、大村氏より長崎を寄進されたイエズス会。彼らは寺社勢力のように、都市・流通機構を支配し、南蛮貿易から巨富を得た。"約束の地"長崎を安定化させるために、武装化・軍事化路線を進んだ彼らが取った戦略とは?一五八七年の豊臣秀吉の「バテレン追放令」まで、日本史上大きな画期をなす"教会領"の時代を捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ザビエルの目論見-ポルトガルからの自立(「堺にポルトガルの商館を」
  • 貿易や課税の仕組み
  • 船宿
  • 岬の教会
  • 大村時代の南蛮貿易)
  • 第2章 ザビエル構想の実現と長崎の武装化-天正八年の長崎(天正八年の教会領寄進と寄進文書の分析
  • 教会領の成立とイエズス会の変化-長崎の武装化)
  • 第3章 ザビエル・ヴァリニャーノ路線vs.ロヨラ・コエリョ路線-天正九年以降の長崎(コミューンの成立と膨張-天正九年の長崎
  • 島原合戦と教会領-天正十二年の長崎
  • 南蛮貿易とイエズス会-天正十三年の反転)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教会領長崎
著作者等 安野 真幸
書名ヨミ キョウカイリョウ ナガサキ : イエズスカイ ト ニホン
書名別名 イエズス会と日本

Kyokairyo nagasaki
シリーズ名 講談社選書メチエ 576
出版元 講談社
刊行年月 2014.6
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258579-8
NCID BB15751799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22430999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想