東大で文学を学ぶ

辻原登 著

いま最も脂がのっている小説家が、東大生150人を前に、14回にわたって、挑発的、刺激的、縦横無尽に、世界文学、日本文学を語りつくした名講義。小説の起源を古代中国の歴史と志怪・伝奇にまでさかのぼって見極め、翻って、横光利一「純粋小説論」、小林秀雄「私小説論」、柳田國男「山の人生」からドストエフスーの小説の重要な場面に必ず差し込む斜めの光を発見する。斜光はいったいどこから来るのか、そして何を照らし出すのか?われわれは斜光に導かれて、フロイトの「家族小説」へ、そして『源氏物語』へ、さらに谷崎潤一郎へとたどり着く…。学生には全講義の要約がレポートとして課せられた。そのレポート16本を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講義 小説家が小説を解剖する(近代小説のはじまり
  • フォースターによる歴史と小説 ほか)
  • 第2講義 ドストエフスキー『罪と罰』を読む-人殺しの残酷な物語はなぜ読み継がれてきたのか(横光利一と小林秀雄の「偶然と必然の問題」から、ドストエフスキーを考える
  • すぐれた作家は場面に集中する ほか)
  • 第3講義 「もはや誰の息子でもない」-犯罪小説、探偵小説、家族小説を読む(「三菱銀行猟銃強盗・人質事件」
  • 二十世紀の三大発明の一つ、精神分析 ほか)
  • 第4講義 『古事記』と神話批判としての『源氏物語』(『古事記』の構成について
  • 「倭建命」の物語、貴種流離譚 ほか)
  • 第5講義 谷崎潤一郎-渡りをへたる夢のうきはし(谷崎潤一郎『鍵』をこっそり読んだ
  • 谷崎潤一郎と映画 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東大で文学を学ぶ
著作者等 辻原 登
書名ヨミ トウダイ デ ブンガク オ マナブ : ドストエフスキー カラ タニザキ ジュンイチロウ エ
書名別名 ドストエフスキーから谷崎潤一郎へ
シリーズ名 朝日選書 920
出版元 朝日新聞
刊行年月 2014.6
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-263020-9
NCID BB15749345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想