忘れられた演劇

神山彰 編

明治期からモダニズムの時代を経て戦後の女剣劇まで、小芝居、女芝居、節劇、剣劇、宗教劇、連鎖劇など、これまであまり論じられなかったさまざまな演劇領域と役者をたどる。多くの観客を潤わせ、生涯の思い出にとどめられながら、今日では忘れ去られた演劇の記憶とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論(近代演劇の「記憶遺産」-「今は用なき過ぎ去りしもの」)
  • 2 逝きし世の演劇(猛優の時代-小芝居と大衆娯楽
  • 女役者と小芝居の行く末-神田劇場時代の中村歌扇
  • 琵琶湖とその周辺
  • 宗教演劇の時代-「民衆演劇」の一側面)
  • 3 モダニズムの躍動感(天勝というスペクタクル
  • 踊る芸妓たち-ダンスカンパニー「河合ダンス」
  • 連鎖劇とその変容-興行資料にみる大正期の映画と演劇の関係
  • 節劇・剣劇・女剣劇-モダニズムの流れにみる)
  • 4 回想の演劇(上方歌舞伎の追憶
  • 演劇は忘れられる運命にある-戦後の演劇と劇場の変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れられた演劇
著作者等 神山 彰
書名ヨミ ワスレラレタ エンゲキ
シリーズ名 近代日本演劇の記憶と文化 / 神山彰 監修 1
出版元 森話社
刊行年月 2014.5
ページ数 345p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86405-062-3
NCID BB1574017X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想