概説コーパス言語学

トニー・マケナリー, アンドリュー・ハーディー 著 ; 石川慎一郎 訳

[目次]

  • 第1章 コーパス言語学とはなにか
  • 第2章 コーパスデータの利用と分析
  • 第3章 ウェブの使用における法と倫理
  • 第4章 英語コーパス言語学
  • 第5章 共時的・通時的多様性に対するコーパス準拠型研究
  • 第6章 新Firth派コーパス言語学
  • 第7章 コーパス研究手法と機能主義言語学
  • 第8章 コーパス言語学、心理言語学、機能主義言語学の接近
  • 第9章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概説コーパス言語学
著作者等 Hardie, Andrew
McEnery, Anthony M.
McEnery, Tony
石川 慎一郎
ハーディー アンドリュー
マケナリー トニー
書名ヨミ ガイセツ コーパス ゲンゴガク : シュホウ リロン ジッセン
書名別名 CORPUS LINGUISTICS

手法・理論・実践
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2014.5
ページ数 412p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89476-705-8
NCID BB15737608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22463496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想