神曲  天国篇

ダンテ・アリギエリ [著] ; 原基晶 訳

イタリア最高の詩人ダンテが十四世紀初めに著した百歌からなる『神曲』は文学、美術、現実の政治等に多大な影響を与えた、キリスト教文学の最高峰とされる叙事詩である。神の力が横溢する十天からなる天国で、聖ベルナールの案内によりダンテはついに神と出会う。神との合一を果たし、三位一体の神秘を直観して、三界をめぐる旅は大団円を迎える。原典に忠実かつ読みやすい新訳。最新の研究の成果に基づく丁寧な解説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神曲
著作者等 Dante Alighieri
原 基晶
アリギエリ ダンテ
書名ヨミ シンキョク
シリーズ名 講談社学術文庫 2244
巻冊次 天国篇
出版元 講談社
刊行年月 2014.8
ページ数 660p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292244-9
NCID BB15725336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22454622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想