道元

船岡誠 著

道元(一二〇〇〜一二五三)鎌倉時代の僧侶。村上源氏の家に生まれるも、若くして出家し、比叡山などで修行を積む。渡宋し曹洞宗を学び、帰国後日本にこれを広め、波多野義重の誘いにより越前に永平寺を開いた。多くの哲学者が興味を抱いた仏法者が、時代と格闘しながら試行錯誤の末に辿り着いた思想に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 紳纓の胤
  • 第2章 興禅の秋
  • 第3章 入宋求法の旅
  • 第4章 大事了畢
  • 第5章 深草閑居
  • 第6章 弘法求生
  • 第7章 一箇半箇の接得

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元
著作者等 船岡 誠
書名ヨミ ドウゲン : ミチ ワ ムキュウ ナリ
書名別名 道は無窮なり

Dogen
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.6
ページ数 242,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07104-3
NCID BB15715208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22428166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想