魂のレイヤー

西川アサキ 著

[目次]

  • はじめに-ルーマンの選択、「社会システム=機能」のネガとしての「心身問題」
  • 第1部 社会システム論から心身問題へ本書における心身問題の位置づけ(観測者の観測-なぜ、モップと語り合えないのか?
  • 神にとっての心身問題-陳腐な問い、神の笑い、着慣れぬ衣装
  • 「心身問題のイラスト」としてのある映画-ジャック・リヴェット『美しき諍い女』を巡って ほか)
  • 第2部 「この緑」をどうするのか?心的システムによる心的システムの記述、「人称性」の出現(進化=「面白さ」=記述の存在理由-「この緑」をどうするのか?
  • 宛先のない進化1:エッセイ
  • 宛先のない進化2:小説-神はいないが、花を着る ほか)
  • 第3部 人称性の死(わたしたちはわたしをどこに置くのか?-幸せの定義
  • 「死の位相学」としての主体1:エッセイ-左向いた時の右側に気を
  • 「死の位相学」としての主体2:小説-私の死でいっぱいの袋 ほか)
  • おわりに-リンチの機械、ヴァレラの仏教、シンギュラリティと「工学的な心身問題」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魂のレイヤー
著作者等 西川 アサキ
書名ヨミ タマシイ ノ レイヤー : シャカイ システム カラ シンシン モンダイ エ
書名別名 社会システムから心身問題へ

Tamashi no reiya
出版元 青土社
刊行年月 2014.6
ページ数 381,3p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6789-2
NCID BB15709329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22422757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想