乳児の対人感覚の発達

マリア・レゲァスティ 著 ; 大藪泰 訳

赤ちゃんはどのように「人の心」に気づくのか?多くの心理学者・哲学者が挑んできた「心の起源」「心の理論」をめぐる数々の疑問をユニークな実験的手法で明らかにする!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 定義、理論、本書の構成
  • 第2章 発達におよぼす内因的影響と外因的影響
  • 第3章 生命体/非生命体の区別
  • 第4章 自己と意識
  • 第5章 二項的相互作用
  • 第6章 三項的相互作用-5か月児と7か月児の共同的関わり
  • 第7章 乳児の対人感覚の発達に対する社会的影響
  • 第8章 情動調律と前言語的コミュニケーション
  • 第9章 社会的相互作用の質が乳児の原初的な欲求推理に影響する
  • 第10章 社会的認知-情動調律、模倣、随伴性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳児の対人感覚の発達
著作者等 Legerstee, Maria Theresia
大藪 泰
Legerstee Maria
レゲァスティ マリア
書名ヨミ ニュウジ ノ タイジン カンカク ノ ハッタツ : ココロ ノ リロン オ ミチビク モノ
書名別名 INFANTS' SENSE OF PEOPLE

心の理論を導くもの
出版元 新曜社
刊行年月 2014.5
ページ数 265,33p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1390-7
NCID BB15685220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22421611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想