神と黄金  下

ウォルター・ラッセル・ミード 著 ; 寺下滝郎 訳

米国最高の知性が、アングロ‐アメリカ人の世界制覇の要因や今後を、その海洋国家システムや変化を重視する動的宗教、価値観に着目して、歴史的視野から明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部(白のクィーン-「開かれた社会」における宗教の役割
  • エクセルショー!-ヤンキーの向上心に与える資本主義とカルヴィニズムの影響
  • ジャイロスコープとピラミッド-アメリカ社会が依拠する理性、啓示、伝統のアングリカン社会)
  • 第4部 神は何を為し給ひしや(歴史とは何ぞや-現代世界を形成している二つのメタ物語(一)アブラハムの物語
  • 歴史との戦い-現代世界を形成している二つのメタ物語(二)資本主義・進歩主義の物語
  • 黄金のミーム-見えざる手、ウイッグ史観、神との契約
  • ウイッグ・バビロン-「歴史の終わり」と「文明の衝突」)
  • 第5部 歴史の教訓(海洋国家の将来-アメリカ衰退論と海洋国家の大戦略「グリニッジ長老の議定書」
  • ゴーストダンサーたち-アメリカとイスラーム世界との関係
  • 文明間の外交-ラインホールド・ニーバーの洞察
  • 歴史の終わりとは-グローバル社会の発展と永続革命)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神と黄金
著作者等 Mead, Walter Russell
寺下 滝郎
ミード ウォルター・ラッセル
書名ヨミ カミ ト オウゴン : イギリス アメリカ ワ ナゼ キンゲンダイ セカイ オ シハイ デキタ ノカ
書名別名 GOD AND GOLD

イギリス,アメリカはなぜ近現代世界を支配できたのか

Kami to ogon
巻冊次
出版元 青灯社
刊行年月 2014.5
ページ数 370p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86228-071-8
NCID BB15663727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想