パリという首都風景の誕生

澤田肇, 北山研二, 南明日香 共編

パリはどのようにしてフランスの"首都"を形成していったのか。社会、経済、建築、芸術、文学等をテーマに多角的に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 視覚に映る都市(パリと変容する風景について-絵画的次元から写真的次元へ
  • ガラスのつくった近代の都市景観
  • 遊歩者のパリ-カイユボットの眼差し
  • 彫像狂のパリの景観形成と日本人作家たち)
  • 第2部 計画が作る都市(地上の世界、地下の世界-十九世紀パリにおける「新鮮な空気」と「安全な水」
  • そぞろ歩きの首都風景パリ-通り、公園をめぐって
  • 首都パリの霊性の場-パンテオンとサクレ=クール
  • 空気と光を求めて-監獄改革と首都改造)
  • 第3部 文学が表す都市(バルザックのパリ-歴史・小説・神話
  • ゾラとパリの創出
  • 日本人作家と墓地-これもまた、巴里)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリという首都風景の誕生
著作者等 北山 研二
南 明日香
沢田 肇
澤田 肇
書名ヨミ パリ ト イウ シュト フウケイ ノ タンジョウ : フランス ダイカクメイキ カラ リョウタイセンカン マデ
書名別名 Paris.La Naissance du paysage d'une capitale

Paris.La Naissance du paysage d'une capitale : フランス大革命期から両大戦間まで
出版元 Sophia University Press上智大学 : ぎょうせい
刊行年月 2014.5
ページ数 327p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-324-09792-2
NCID BB15650350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22420510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想