豊臣政権の正体

山本博文, 堀新, 曽根勇二 編

秀吉の自筆書状をはじめ、五大老・五奉行らが残した文書を駆使し、人間関係、思考、政策、法令、いくさの実態にまで切り込む!いったい何が真で何が偽なのか?創られた歴史からの脱却を図る意欲作!!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 豊臣政権の制度と文書
  • 豊臣秀吉と黒田官兵衛
  • 秀吉のいくさと上杉・武田のいくさ-いくさはどこまで再現できるか
  • 天下と殿下
  • 古文書の伝わり方-立花家文書の事例から
  • 『忠増渡海日記』と幸若舞-文芸としての「覚書」
  • 秀吉と大名・直臣の主従関係について-いわゆる五奉行連署状の成立を中心に
  • 豊臣秀次朱印状の謎
  • 日用停止令と豊臣政権
  • 前田玄以の呼称と血判起請文-「民部卿法印」から「徳善院僧正」へ
  • 豊臣秀吉の「日本国王」冊封の意義
  • 豊臣五大老の実像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊臣政権の正体
著作者等 堀 新
山本 博文
曽根 勇二
書名ヨミ トヨトミ セイケン ノ ショウタイ
出版元 柏書房
刊行年月 2014.6
ページ数 331p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-4411-2
NCID BB15645543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22441498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想