東アジアのボーダーを考える

岩下哲典 編著 ; 大庭裕介, 小川唯, 高田誠, 塚越俊志, 中川仁, 濱口裕介 著

尖閣諸島(釣魚島)や竹島(独島)、北方領土(南クリル諸島)を議論する前に、まず知らねばならないことがある!かつて、東アジアのボーダー(境界)とはどのようなものであったのか。本書は、日本近世・近代史と中国近代史、台湾の言語政策史、中国経済の研究者たちのコラボで実現した、真摯なボーダー論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東アジア世界のボーダーを考える-ボーダー・インテリジェンスの視点から
  • 第1部 日本のボーダーを考える(日露「国境」の形成
  • 伊豆諸島・小笠原諸島をめぐる国際情勢-太平洋航路をめぐるボーダー
  • 江戸から明治の朝鮮観と歴史認識-歴史消費の問題点)
  • 第2部 中国・台湾のボーダーを考える(清末民初中国における国民国家形成-自画像のボーダー
  • 資源からみた日中のボーダー-近代アジアの石炭産業から見えてくるもの
  • 苦悶する台湾近現代史-国民党の言語政策と母語の復権のゆくえ(言語とボーダー))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアのボーダーを考える
著作者等 中川 仁
塚越 俊志
大庭 裕介
小川 唯
岩下 哲典
濱口 裕介
高田 誠
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ボーダー オ カンガエル : レキシ コッキョウ ニンシキ
書名別名 歴史・国境・認識

Higashiajia no boda o kangaeru
出版元 右文書院
刊行年月 2014.5
ページ数 313p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8421-0763-9
NCID BB15645237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22416346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想