モーズレイ摂食障害支援マニュアル

ジャネット・トレジャー, ウルリケ・シュミット, パム・マクドナルド 編 ; 中里道子, 友竹正人 訳

摂食障害治療者は、価値判断なき敬意で患者の警戒を解き、家族と患者の共同治療参加を促進し、前考慮期‐考慮期‐準備期‐行動期‐維持期という変化の5ステージに伴走する。そして家族が変わり患者に思いやりあるケアを与えるとき、患者は主体的に変化へのステップを選択していく。エビデンスに裏打ちされた認知行動療法、家族共同治療ユニットとしての「CRAFT」(コミュニティ強化と家族訓練)、変化の技法としての「動機付け面接」を駆使した、英国モーズレイ摂食障害ユニット発・摂食障害治療マニュアル決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 はじめに-摂食障害を患う人の家族と専門家の支援の協力について(摂食障害、そして家族と共に支援に取り組むということ
  • 家族の見方 ほか)
  • 第2部 理論的土台への導入(家族が摂食障害になったとき、人はどのように向き合うか
  • 摂食障害の維持因子としての家族のプロセス ほか)
  • 第3部 さまざまな介入法(外来治療において家族と共同する-家族のアセスメント
  • 書くこと-考える能力と情動プロセスを発達させる方法 ほか)
  • 第4部 特別なケース(摂食障害患者の妊娠・出産・育児
  • 摂食障害のケアと治療における親の影響と重要性)
  • 第5部 結論と補遺(患者の思い-家族の介入について患者がどう思っているかを検討する
  • 専門家の見方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーズレイ摂食障害支援マニュアル
著作者等 Macdonald, Pam
Schmidt, Ulrike
Treasure, Janet
中里 道子
友竹 正人
シュミット ウルリケ
マクドナルド パム
トレジャー ジャネット
書名ヨミ モーズレイ セッショク ショウガイ シエン マニュアル : トウジシャ ト カゾク オ ササエル コラボレーション ケア
書名別名 The Clinician's Guide to Collaborative Caring in Eating Disorders

当事者と家族をささえるコラボレーション・ケア
出版元 金剛
刊行年月 2014.5
ページ数 366p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1366-4
NCID BB15642501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22417673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想