3・11以前の社会学

荻野昌弘, 蘭信三 編著

「不条理な死」に対して人はどのように向き合えばいいのか。広域システム災害のメカニズムとは何か…3.11「以前」の社会学研究のなかに3.11を読み解く知を見出し、1995と2011の二つの大震災で露呈した社会構造や社会システムの変容を明らかにする。社会学における新たな研究対象と理論を構想し、長期にわたって続くであろう「再生」への困難な道のりを社会学者としていかに捉えていくべきかを問う、渾身の論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 災害の社会学をめざして
  • 第1章 彷徨える魂の行方-災害死の再定位と"過剰な"コミュニティ
  • 第2章 広域システム災害-阪神から東北、そして首都・東京へ
  • 第3章 災害ボランティア-助け合いの新たな仕組みの可能性と課題
  • 第4章 多文化共生-1.17で芽ばえた意識は3.11で根づくのか
  • 第5章 東日本大震災と外国人-マイノリティの解放をめぐる認識の衝突
  • 第6章 災害の記憶-写真・保存・時間
  • 第7章 リスク社会と社会学の問い-「フクシマ」という問題
  • 結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 3・11以前の社会学
著作者等 荻野 昌弘
蘭 信三
書名ヨミ サン イチイチ イゼン ノ シャカイガク : ハンシン アワジ ダイシンサイ カラ ヒガシニホン ダイシンサイ エ
書名別名 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

San ichichi izen no shakaigaku
出版元 生活書院
刊行年月 2014.5
ページ数 288p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86500-024-5
NCID BB15604604
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想