死のメンタルヘルス

中澤正夫 著

自らの臨死体験を経て、震災後の福島に通いながら、被爆者を含めた多くの患者の死に接してきた老練の精神科医は何を思ったか?名著『「死」の育て方』から二〇年。心筋梗塞でいったん心臓が止まった戦場カメラマン(石川文洋)、父を看取った同業者(香山リカ)、「永遠の青年」といわれた人気作家(椎名誠)、一〇〇歳現役精神科医の恩師、旧知の末期がん看護師との対話を通して深めた死生観を、「死の豊穣さ」を、大いに語る。フツーの人がフツーに死んでいくために贈る「コロンブスの卵」的終活の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死が最も自分の接近した日
  • 第2章 七七年の人生で出会ってきた「死」
  • 第3章 対談を通して深めた死生観(「死なんか考えている閑はない」-石川文洋さん
  • 何を遺したら安心して死ねるか?-香山リカさん
  • 「永遠の青年」も…-椎名誠さん
  • 「クワガタをゲットした少年」の心をもち続ける一〇〇歳-臺弘先生)
  • 第4章 「上手に家で死にたい」-「終活」をまっとうした看護師
  • 第5章 東日本大震災がもたらした変化-「死生観」より「人間論」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死のメンタルヘルス
著作者等 中沢 正夫
書名ヨミ シ ノ メンタル ヘルス : サイゴ ニ ムケテ ノ タイワ
書名別名 最期に向けての対話

Shi no mentaru herusu
シリーズ名 シリーズここで生きる
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.5
ページ数 196p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-028721-0
NCID BB1559980X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22426339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想