和洋折衷音楽史

奥中康人 著

幕末以来の洋楽受容のなかで培われ、連綿と受け継がれてきた和洋折衷文化の営み。西洋音楽でもなく日本の伝統音楽でもない、独自の発想と継承に見るおもしろ"折衷"技と人間模様。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代化のなかの唱歌
  • 2 和洋合奏に挑む男たち
  • 3 イノセントなドラマーたち
  • 4 ラッパ吹きの祝日
  • 5 民間バンドと新生サウンドの快楽
  • 6 メディアと五線譜の話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和洋折衷音楽史
著作者等 奥中 康人
書名ヨミ ワヨウ セッチュウ オンガクシ
書名別名 Wayo secchu ongakushi
出版元 春秋社
刊行年月 2014.5
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-93583-5
NCID BB15598760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想