シリーズ新・心の哲学  2 (意識篇)

信原幸弘, 太田紘史 編

哲学と科学双方の問題/成果を整理しながら論じる、意識の問題。科学的探究によって揺らぐ「自己」を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 意識をめぐる問題圏
  • 1 意識的な知覚と内容(意識の概念と説明ギャップ-クオリアは分析可能か?
  • 視覚意識の神経基盤論争-かい離説の是非と知覚経験の見かけの豊かさを中心に
  • われわれは何を経験しているのか-知覚と思考、概念、意識研究の方法論)
  • 2 意識の構造と自己(意識経験の構造を探る-現象的統一性と因果的統合性
  • 自我性を求めて-物語的自我・現象的自我・脳神経科学
  • 意識的意志は誰にとって幻想なのか-意識的意志、自己、自由意志の関係について検討する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シリーズ新・心の哲学
著作者等 佐藤 亮司
信原 幸弘
太田 紘史
山口 尚
福田 敦史
鈴木 秀憲
鈴木 貴之
書名ヨミ シリーズ シン ココロ ノ テツガク
書名別名 New Series in Philosophy of Mind

Shirizu shin kokoro no tetsugaku
巻冊次 2 (意識篇)
出版元 勁草書房
刊行年月 2014.5
ページ数 316,8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-19922-8
NCID BB15590612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想