体系現代会計学  第4巻

斎藤静樹, 安藤英義, 伊藤邦雄, 大塚宗春, 北村敬子, 谷武幸, 平松一夫 総編集

近年の会計にとってもっとも関心の高いテーマであったコンバージェンスの歴史的展開と現状、基本的な考え方、基本的な論点を包括的に論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コンバージェンスをめぐる国際的な動向(コンバージェンスをめぐる歴史的展開
  • コンバージェンスをめぐる現状と課題)
  • 第2部 コンバージェンスをめぐる基本思考(概念フレームワーク-概念フレームワークに関する分析視座
  • 財務報告の主体と範囲
  • 資産負債アプローチ
  • 認識と測定)
  • 第3部 コンバージェンスをめぐる基本論点(財務諸表の表示
  • 収益認識
  • 負債と資本の区分
  • 金融商品)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体系現代会計学
著作者等 伊藤 邦雄
八重倉 孝
安藤 英義
山地 範明
平松 一夫
徳賀 芳弘
斎藤 静樹
松本 敏史
田中 建二
米山 正樹
藤井 秀樹
角ヶ谷 典幸
辻山 栄子
書名ヨミ タイケイ ゲンダイ カイケイガク
書名別名 会計基準のコンバージェンス

Taikei gendai kaikeigaku
巻冊次 第4巻
出版元 中央経済社
刊行年月 2014.5
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-08570-3
NCID BB15585780
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22419539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
会計基準のコンバージェンス 平松一夫, 辻山栄子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想