日本とフランスの遺跡保護

稲田孝司 著

遺跡は人間の多様な営みを反映する鏡であり、物と人間、過去と未来の結節点にある。長く旧石器時代研究に携り、日本の文化財行政やフランスの考古学事情にも精通する著者が、日仏の比較検討を通して遺跡と現代社会をめぐる様々な論点を提示、曲がり角にある世界の遺跡保護行政の現状と問題解決の手掛かり、考古学の進むべき方向性を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遺跡の現代史
  • 第1部 日本の遺跡保護(遺跡保護の運動と法・行政の発展-明治期から1980年代まで
  • 遺跡保護行政の定着へ向けて-1990年代から現在まで
  • 遺跡保護の諸相-考古学研究と市民運動)
  • 第2部 フランスの遺跡保護(考古学史断章
  • 発掘調査体制改革への激動-2000年までの運動・法・行政
  • 遺跡保護制度の確立と発掘調査市場化の波及-2001年法と2003年法)
  • 遺跡-現代に生きる過去

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とフランスの遺跡保護
著作者等 稲田 孝司
書名ヨミ ニホン ト フランス ノ イセキ ホゴ : コウコガク ト ホウ ギョウセイ シミン ウンドウ
書名別名 考古学と法・行政・市民運動
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.5
ページ数 368p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-025974-3
NCID BB15584303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22428980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想