東山魁夷

寄川条路 著

ふたつの美に橋を架ける-生まれ育った日本と留学生として過ごしたドイツ、異なるふたつの文化の間で魁夷が育んだ芸術論を、「"あいだ"の美学」として読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東山魁夷とドイツ
  • ドイツへの道
  • ベルリンの東山魁夷
  • 日本のふるさと
  • 西洋の文化と日本の文化
  • ドイツ再訪
  • 日本の文化
  • 日本の美術史
  • 日本画の描き方
  • 芸術作品ができるまで
  • 日本の文化と中国の文化
  • 唐招提寺の障壁画
  • "あいだ"の美学
  • 東山魁夷の芸術論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東山魁夷
著作者等 寄川 条路
書名ヨミ ヒガシヤマ カイイ : フタツ ノ セカイ ヒトスジ ノ ミチ
書名別名 ふたつの世界、ひとすじの道

Higashiyama kai
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2014.5
ページ数 107p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0842-4
NCID BB15581586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22429829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想