美味しさの脳科学

ゴードン・M・シェファード 著 ; 小松淳子 訳

[目次]

  • 第1部 鼻とにおい(においと風味の研究の革命
  • 犬と人間の嗅覚を比べる(レトロネイザル経路に注目) ほか)
  • 第2部 においを描く(におい分子の受容体
  • 感覚イメージの形成 ほか)
  • 第3部 風味の創出(嗅覚と風味
  • 味覚と風味 ほか)
  • 第4部 風味が大切なわけ(嗜好と渇望
  • 風味と記憶:プルースト再解釈 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美味しさの脳科学
著作者等 Shepherd, Gordon M
小松 淳子
シェファード ゴードン・M.
書名ヨミ オイシサ ノ ノウカガク : ニオイ ガ アジワイ オ キメテ イル
書名別名 NEUROGASTRONOMY

においが味わいを決めている
出版元 インターシフト : 合同出版
刊行年月 2014.5
ページ数 353p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7726-9540-4
NCID BB15572392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22412202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想