ハンセン病絶対隔離政策と日本社会

無らい県運動研究会 編

[目次]

  • 1 無らい県運動とは(強制隔離政策と人権
  • 無らい県運動の概要と研究の課題
  • 戦後の無らい県運動について
  • 無らい県運動と絶対隔離論者のハンセン病観
  • ハンセン病患者・家族の生存権と社会政策
  • 無らい県運動と宗教
  • 救らい思想と無らい県運動
  • 療養所の資料に見る患者受け入れの実態
  • 声を聞く物の倫理-無らい県運動と日本社会
  • 差別の責任-無らい県運動と障害者差別解消法)
  • 2 無らい県運動の実際-地域の具体像(熊本県における無らい県運動の展開
  • 戦後の無らい県運動と菊池事件
  • 熊本県における「らい予防事業」と戦後の無らい県運動
  • 無らい県運動と教育-竜田寮事件を中心として
  • 無らい県運動が非入所者・家族に与えた影響-鳥取非入所者遺族の被害事例から
  • 愛知県の無らい運動
  • 市町村における無らい県運動-和歌山県湯の峰温泉の動きから)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハンセン病絶対隔離政策と日本社会
著作者等 無らい県運動研究会
書名ヨミ ハンセンビョウ ゼッタイ カクリ セイサク ト ニホン シャカイ : ムライケン ウンドウ ノ ケンキュウ
書名別名 無らい県運動の研究
出版元 六花
刊行年月 2014.5
ページ数 313p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-905421-55-9
NCID BB15556170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22408548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想