物理学入門

武谷三男 著

物理学はいかに創られたか?なかでも歴史の古い力学は、どのような考え方を辿って発展したのだろうか?たとえば、古代では「物体を動かし続けるには力が要る」と素朴に考えられていたが、現代では「外力が働かない限り、物体は等速直線運動を続ける」と定式化されている。「動く」という日常的な感覚に深い洞察と分析が加えられ、法則が明らかにされたことによって、地上・宇宙のあらゆる運動を統べる力学が完成したのだ。本書ではその過程でどのような「科学的な考え方」が働いていたのか、科学者たちの思考の論理を歴史に沿って探っていく。湯川・朝永・南部らに影響を与えた物理学者による科学論への誘い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 科学とはどんなものか
  • 第2章 物理学諸分科の関連
  • 第3章 静力学
  • 第4章 動力学
  • 第5章 力と運動の関係
  • 第6章 力学の完成と海王星の発見
  • 第7章 万有引力の原因

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学入門
著作者等 武谷 三男
書名ヨミ ブツリガク ニュウモン : チカラ ト ウンドウ
書名別名 力と運動
シリーズ名 ちくま学芸文庫 た42-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.5
ページ数 183p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09608-1
NCID BB15539182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445740
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想