労働時間の経済分析

山本勲, 黒田祥子 著

「効率的に非効率なことをする」慣習は改まるか?高齢化が進むなか、グローバル競争に勝ち抜くには何が必要か。現代日本人の働き方に関する事実や問題を個票データを用いた緻密な分析によって幅広く検証し、「長時間労働には一定の経済合理性が存在する」「多くの仕事に過度なサービスを要求する非効率が常態化している」「周囲の環境次第で働き方は変えられる」などの知見を導いた労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人の働き方(日本人の労働時間はどのように推移してきたか-長期時系列データを用いた労働時間の検証
  • 労働時間規制と正社員の働き方-柔軟な働き方と労働時間の関係
  • 長時間労働と非正規雇用問題-就業時間帯からみた日本人の働き方の変化
  • 日本人は働きすぎか-国際比較や健康問題等からの視点)
  • 第2部 労働時間の決定メカニズム(日本人は働くのが好きなのか-仮想質問による希望労働時間の計測
  • 労働時間は周囲の環境の影響を受けて変わるのか-グローバル企業における欧州転勤者に焦点を当てた分析
  • 長時間労働は日本の企業にとって必要なものか-企業=従業員のマッチデータに基づく労働需要メカニズムの特定)
  • 第3部 日本人の望ましい働き方の方向性(ワーク・ライフ・バランス施策は企業の生産性を高めるか-企業パネルデータを用いたWLB施策の効果測定
  • ワーク・ライフ・バランス施策に対する賃金プレミアムは存在するか-企業=労働者マッチデータを用いた補償賃金仮説の検証
  • メンタルヘルスと働き方・企業業績の関係-従業員および企業のパネルデータを用いた検証)
  • 統計データappendix

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働時間の経済分析
著作者等 中田 祥子
山本 勲
黒田 祥子
書名ヨミ ロウドウ ジカン ノ ケイザイ ブンセキ : チョウコウレイ シャカイ ノ ハタラキカタ オ テンボウ スル
書名別名 超高齢社会の働き方を展望する
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.4
ページ数 359p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-532-13451-8
NCID BB15528120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22410158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想