科学と政治思想

政治思想学会【編】

[目次]

  • 特集(分析的政治哲学とロールズ『正義論』
  • 現代政治哲学における"分析"と"解釈"-ポール・リクールのロールズ論にみる「自己性」の問題
  • 技術・美・政治-三木清と中井正一
  • 公共の利益のための学問-ルソーとフィジオクラート
  • 福澤諭吉における「実学思想」と政治-儒学・蘭学・洋学)
  • 韓国政治思想学会からの寄稿 フランス共和主義の系譜と多文化主義-多文化主義の「失敗宣言」の政治学的意味を中心に
  • 公募論文(マックス・ヴェーバーとカトリック世界-近代批判的ヴェーバー研究の歴史学的批判
  • 政治思想学会研究奨励賞受賞論文・グローバル世界における人権の導出-自然法アプローチと尊厳構想へ向かって
  • 政治理論は個別事実をどのようにふまえるべきか-D.ミラーの文脈主義的難民受け入れ論の批判的検討を出発点として
  • シヴィリティの両義性と支配-現代共和主義の観点から
  • ワイマール期におけるトーマス・マンの人文主義論-自己涵養と社会的連帯
  • フーゴー・プロイスの国際秩序観-直接公選大統領制構想の思想的前提
  • 政治・道徳・怜悧-カントと執行する法論
  • 石橋湛山の一九二〇年代における対外論の再検討-二つの使命観を手がかりに)
  • 書評
  • 二〇一三年度学会研究会報告

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学と政治思想
著作者等 政治思想学会
書名ヨミ カガクトセイジシソウ
出版元 風行社
刊行年月 2014.5.1
ページ数 450p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-86258-057-3
NCID BB15522281
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想