不法行為法における割合的責任の法理

石橋秀起 著

[目次]

  • 第1部 割合的責任の基礎理論(公平による割合的減責の妥当性
  • ドイツにおける割合的責任論の今日の展開)
  • 第2部 割合的責任の判断構造(医療過誤における割合的責任
  • 営造物・工作物責任における自然力競合による割合的減責
  • 公害・環境訴訟における割合的責任
  • 交通事故における素因減責
  • 交通事故と医療過誤の競合
  • 被害者の自殺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不法行為法における割合的責任の法理
著作者等 石橋 秀起
書名ヨミ フホウ コウイホウ ニ オケル ワリアイテキ セキニン ノ ホウリ
書名別名 Theorie der Proportionalhaftung im Deliktsrecht
シリーズ名 立命館大学法学叢書 第18号
出版元 法律文化社
刊行年月 2014.5
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-589-03599-8
NCID BB15518251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22426477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想