君の波が聞こえる

乾ルカ 著

一学期の終わりの日、ひとりぼっちで海を見ていた健太郎は、沖に浮かぶ謎の城に迷い込む。そこには同じように囚われた人々がいた。元の世界に戻るには「出城料」が必要だという。それはお金ではない何からしい。健太郎はもう一人の少年と次第に心を通わせ、誓いを立てる。二人でここを出るんだ、初めて見つけた友達だから-。思春期の友情が胸に響く青春小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 君の波が聞こえる
著作者等 乾 ルカ
書名ヨミ キミ ノ ナミ ガ キコエル
シリーズ名 新潮文庫 い-116-1
出版元 新潮社
刊行年月 2014.5
ページ数 375p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-139231-8
NCID BB15507936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22394659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想