家族脳

黒川伊保子 著

子どもに対して、「それはダメ」「勉強しなさい」が口ぐせになっていませんか?それでは才能を萎縮させてしまうかもしれません。「男としてカッコ悪いよ」と言えば、ヤル気も湧いてくるというもの。互いを尊重し、接し方を少し変えてみるだけで、夫の無神経さや舅の頑固さも、愛おしくなるはず。家族の絆を深めるヒントが満載。脳と感性の研究者が綴る、愛情溢れる痛快エッセイ!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 家族を楽しもう(ノーベル賞なんかいらない
  • 男としてかっこ悪い
  • 頭の中の鏡
  • 初心者男子のためのタキシード道 ほか)
  • 感じることば(五十の手習い
  • スイート・コミュニケーション
  • ネーミングの底力
  • 男のモテ期 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族脳
著作者等 黒川 伊保子
書名ヨミ カゾクノウ : オヤゴコロ ト コゴコロ ワ ナゼ コウモ ヤッカイナノカ
書名別名 親心と子心は、なぜこうも厄介なのか
シリーズ名 新潮文庫 く-29-4
出版元 新潮社
刊行年月 2014.5
ページ数 190p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-127954-1
NCID BB15506536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22410405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想