雇用改革の真実

大内伸哉 著

「解雇しやすくなれば働くチャンスが広がる」「有期雇用を規制しても正社員は増えない」。議論されている改革が、世間の評判とは反対のメリット、デメリットをもたらすこともある。改革をどう評価すべきなのか、そして私達の働き方をどのように変えるのか。真実を知るための1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 解雇しやすくなれば働くチャンスが広がる
  • 第2章 「限定正社員」が働き方を変える
  • 第3章 有期雇用を規制しても正社員は増えない
  • 第4章 派遣はむしろもっと活用すべき
  • 第5章 政府が賃上げさせても労働者は豊かにならない
  • 第6章 ホワイトカラー・エグゼンプションは悪法ではない
  • 第7章 育児休業の充実は女性にとって朗報か
  • 第8章 定年延長で若者が犠牲になる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雇用改革の真実
著作者等 大内 伸哉
書名ヨミ コヨウ カイカク ノ シンジツ
書名別名 Koyo kaikaku no shinjitsu
シリーズ名 日経プレミアシリーズ 248
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.5
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-532-26248-8
NCID BB15501893
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22415316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想